船原館紹介動画 FunabarakanPV

地中からそのままの温泉、本物の大地の恵み!

船原館の温泉は自家源泉から空気に一切触れることなく浴槽まで届きます。これは奇跡の温度、45℃の温泉が出るようになったから。加熱も冷却もしない、ありのままの温泉が浴槽の底から吹き出します。さらに毎分150ℓと、船原館の規模では全然使いきれないほどの噴出量、源泉かけ流しでいつも新鮮、劣化のない状態でご入浴いただけます。創業以来、温泉通の間でその泉質を評価いただいてきた当館ですが、今回の新たに噴出した源泉は船原館史上一番です。大地の恵みそのままを享受するこの幸せ、多くの方にご体験いただきたいと思っております。


お知らせ

当館館主が親戚のおじさんのように慕っていたこの本の編集者安藤公夫さん。昭和53年に刊行されたこの作品、梶井ファンの間ではなかなか手に入らいない幻の名著として語り継がれていました。昭和の初め、1年半もの間、湯ヶ島に逗留した梶井基次郎の姿をその人となりも含め生き生きと紹介しています。

 

※船原館でも販売しております。(1,000円+税)

光栄にも当館館主が井上靖「中国行軍日記」の取材に参加させていただきました。井上靖先生が30歳のときに日華事変で徴兵された際、中国を行軍した道のりを次女で詩人の黒田佳子さんと辿り当時に思いを馳せる旅行記です。これを企画された井上靖文学館の熱意が伝わるとても良い作品に仕上がりました。是非ご一読ください。

 

※船原館でも販売しております。(1,000円+税)

●かかりつけ湯

県の外郭団体、ファルマバレーセンターが、温泉にこだわり、おもてなしの心を大事にしている施設を選びました。当館も参加しています。伊豆に50施設ほどあります。それぞれ 特徴のある施設ばかりです。 詳しくはこちらへ